AWESOME STUFF

おもしろ雑貨コレクターの伊勢海老太郎がおもしろ雑貨コレクションを紹介します

本物そっくりなクルミの消しゴム「Walnut Erasers」がリアルでおもしろい。

【お知らせ】

お買いもの情報メディア「それどこ」に、記事を寄稿させていただきました。第二弾は「文房具」です。「おもしろ雑貨コレクターが「これはおもしろい!」と思った文房具15選」、下記記事もあわせてご覧いただけると嬉しいです。

srdk.rakuten.jp

以上、お知らせでした。

本物そっくりクルミ消しゴム

どうも、おもしろい文房具が大好きな伊勢海老太郎です。今回はおもしろい消しゴムを紹介したいと思います。画像が今回紹介する消しゴムです。「消しゴムじゃなくて、クルミの画像を間違えて貼り付けているんじゃないの?」なんて声が聞こえてきそうですが……。

実はこのクルミが消しゴムなんです。紹介するのは本物のクルミそっくり過ぎる消しゴムです。見た目は本物のクルミにしか見えませんよ〜(笑)。

「Walnut Erasers」

本物そっくりクルミ消しゴム

シワシワ感や表面の凹凸が本物そっくりです。授業中や仕事中に消しゴムを使おうと机の上に出したら、クルミを食べるのかと勘違いされちゃうかもしれません(笑)。もちろん、念のために言っておきますが、消しゴムなので食べられませんよ!

この消しゴムをリスとか森の小動物に見せたらどんな反応をしてくれるでしょうか(笑)。さすがに動物は消しゴムのゴムの匂いで気がつくでしょうか。

本物そっくりクルミ消しゴム

割ってみたくなりますね。もちろん消しゴムだから割れませんけどね。ここまで「このクルミは消しゴムだ!消しゴムだ!」と言ってきましたが、実際に消しゴムとして使っているところをお見せしてませんでした。もし疑っている方がいましたら、動画を撮影しましのでご覧ください(笑)。

見た目は本物のクルミをノートに擦りつけているように見えますが、鉛筆の線がちゃんと消えているのがわかると思います。確かに消しゴムだったでしょ(笑)。

本物そっくりクルミ消しゴム

キッカーランドの「Walnut Erasers(ウォルナットイレイサー)」という商品です。気になる購入価格は410円でした。詳細が気になる方は商品ページをご覧ください。

楽天最安値価格で探す方はこちら

おもしろい消しゴムをコレクションしている方、クルミが大好きという方いかがでしょうか。クルミが大好きという方は食べられないのでつらいかもしれないですけどね。

クルミの消しゴムを使った感想

本物そっくりクルミ消しゴム

購入しました。本物そっくりでよくできています。開封して驚いたことが1つあります。それは消しゴムの重さが見た目以上に重いということです。消しゴムだと思って持つと、ずっしりとした重さに驚くと思います。

本物のクルミの重さを思い出せないのですが、重さまで考えて作っているとしたらすごいですね。本物の殻付きのクルミを手に入れる機会があったら確認してみたいです。

消しゴムなので当たり前ですが、消しゴムとして普通に使えます。すごくよく消えるという訳ではないですけどね(笑)。

このクルミ消しゴムは、消しゴムとして使うのがすごくもったいない気持ちになります。できれば飾っておきたい消しゴムです。使えば使うほどクルミじゃなくなり、普通の茶色い消しゴムになっちゃいますからね(笑)。でも飾っていてもクルミを置いているようにしか見えないというのが悩ましいです。「これは消しゴムです。」と書いた付箋紙を貼っておきたいですね(笑)。

消しゴムとして使うのはもったいないと言いましたが、鉛筆の芯の汚れがついて黒くなるのは、殻としてのリアリティーが増します。少し汚れた消しゴムを見て、よりリアルになり感動しました。リアルにしていく楽しみもあるかもしれません。

おもしろい消しゴムをお探しの方、特に使うのではなくコレクションしている方にはおすすめです。私も少し使ってからは、使わないで机の上に飾っています。机の上にクルミが転がっている光景はインテリアとしてもおもしろいですよ(笑)。

【コレクションNo.0176】