AWESOME STUFF

おもしろ雑貨コレクターの伊勢海老太郎がおもしろ雑貨コレクションを紹介します

ロボットのクルミ割り人形「ROBOT NUT CRACKER」がかわいい。

【お知らせ】

お買いもの情報メディア「それどこ」に、記事を寄稿させていただきました。第二弾は「文房具」です。「おもしろ雑貨コレクターが「これはおもしろい!」と思った文房具15選」、下記記事もあわせてご覧いただけると嬉しいです。

srdk.rakuten.jp

以上、お知らせでした。

クルミ割り人形

どうも、おもしろい雑貨が大好きな伊勢海老太郎です。MoMA STOREでおもしろい雑貨を探していたら見つけました。ロボットのおもちゃのようですが、これは何だと思いますか?ヒントはロボットのお腹の部分で、何か入っていますよ!

正解はくるみ割り人形です。クルミ割り人形というかクルミ割りロボットですね(笑)。今回はこのかわいいくるみ割りロボットを紹介します。

「ROBOT NUT CRACKER」

クルミ割り人形

正面から撮影した画像です。ロボットだけどどこかアンティークな雰囲気がします。見た目がすごくかわいいのでインテリアに飾っても良さそうです。

クルミ割り人形

横からの画像です。スリムなロボットです。正月太りしたのでダイエット中の私からするととても羨ましい体型です(笑)。

クルミ割り人形

後ろ姿です。上記画像を見てもらえば説明するまでもないと思いますが、一応使い方を説明します。

クルミ割り人形

お腹に空いた穴にくるみを入れます。

クルミ割り人形

ネジを回してクルミを割ります。

クルミ割り人形

ネジをゆるめれば、ネジを取ることもできます。取っても意味がないですけどね(笑)。

クルミ割り人形

クルミが割れました!と書きたいのですが、実はこのクルミ割りロボットでは、私が用意したクルミは割れませんでした……。この画像の割れたクルミは金属製の業務用のクルミ割り機で割りました。

クルミ割り人形

丸ではなくて細長いクルミを用意したのですが、このクルミがめちゃくちゃ硬い、とにかく硬かったです……。知り合いの庭にクルミの木があり、自分で採取したクルミです。市販の丸いクルミであれば割れたかもしれません。

以上の流れ、クルミ割りロボットで挑戦した様子を動画撮影しましたのでご覧ください。

割れなかったでしょ……。ロボットからミシミシと音がするくらいのかなりの力でネジを回したんですけどね。木製なのでこれ以上の力をいれたらロボットが破損しそうだったので、ロボットで割るのは諦めました……。

クルミ割り人形

私が用意したクルミが硬すぎたのでしょう。割れなくてもかわいいので許せちゃいますが(笑)。このままでは冒頭で言ったようにインテリアの置き物になってしまいそうなので、市販のクルミでまたリベンジしたいと思います。クルミが割れたらこの記事に追記しますね。

クルミ割り人形

足の裏にブランドロゴがプリントされていますが、SUCK UK(サックユーケー)というブランドの「ROBOT NUT CRACKER」という商品です。

クルミ割り人形

ナッツクラッカーなのでクルミ割り専用というわけではないですね。パッケージの写真はクルミを割っていますけどね。クルミ以外のナッツも挑戦してみたいです。

気になるお値段ですが3,672円です。残念ながら完売した商品です。もっと早く紹介すれば良かったです・・・。申し訳ありません。

そうそう、クルミと言えばこんな消しゴムを紹介しました。

www.iseebitarou.com

これ!消しゴムなんですよ。クルミそっくりな消しゴムです。めちゃくちゃリアルでしょ。机の上に置いておいてもクルミにしか見えません。言われないと消しゴムだとは気がつかないでしょうね(笑)。こうゆう丸いクルミだったら、クルミ割りロボットでも割れたかもしれないですね(笑)。

今回はかなり固い強敵なクルミを用意してしまいました。次はこのロボットでも倒せる(割れる)弱い敵(殻のやわらかいナッツ)を用意してあげないといけませんね(笑)。

【コレクションNo.0259】