読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWESOME STUFF

おもしろ雑貨コレクターの伊勢海老太郎がおもしろ雑貨コレクションを紹介します

ムンクの「叫び」の中の人チョコ!バレンタインデーが近いので、製氷器型でおもしろいチョコレートを手作り。

雑貨・キッチン雑貨

ユニークなチョコレート

どうも、おもしろいキッチン雑貨が大好きな伊勢海老太郎です。そろそろバレンタインデーですね。バレンタインデーが近いということで、おもしろ製氷器でチョコレートを作ってみました。

シリコン製の製氷器は耐熱温度も高いのでチョコレート型としても使えます。製氷器にはおもしろい型が多いので、おもしろいチョコレートを作りたい方におすすめです。本命チョコにはちょっとあれかもしれないですが、義理チョコや友チョコで笑いをとりたい方いかがでしょうか(笑)。

今回はムンクの「叫び」の中の人の氷が作れる製氷器「ICE SCREAMS」でチョコレートを作りました。製氷器としての詳しい紹介は下記記事をご覧ください。

www.iseebitarou.com

はたしてどんなチョコレートができたのか、成功したのか、失敗したのかは1枚目の画像を見ればわかりますが、どうか最後までおつきあいください(笑)。

ムンクの「叫び」の中の人チョコ作り

ユニークなチョコレート

板チョコを包丁で細かく切ります。ちなみに私は板チョコを20枚箱買いしました。結果的には完全に買い過ぎでした……。

ユニークなチョコレート

クッキングシートの上でひたすら細かく切ります。とりあえず10枚を細かくしましたが、普段使わない筋肉を使うせいかこれがけっこう疲れる……3日後くらいに筋肉痛になるやつですね。

ユニークなチョコレート

細かく刻んだチョコレートを湯煎してゆっくりと溶かします。チョコレートを作る直前までは、溶かして型に入れて冷やすだけだろ!と思っていましたが、ネットで調べてみたらテンパリングと言う技術で作ることがわかりました。チョコレートを作るのが初めてでテンパリング知らなかったです……。

テンパリングは、湯煎するお湯の温度を50度位にして、チョコレートを40〜45度でゆっくりと溶かし、溶けたら10〜15度の水でチョコレートを26〜27度に一度冷やし、冷えたら再び湯煎して30度にします。チョコレートの温度をこの30度に保ちながら作業します。

テンパリングをしないと、固まらなかったり、口溶けが悪くなったり、チョコにツヤがなかったり、白い模様が混ざったりするそうです。要するに失敗チョコになるというわけですね。

テンパリングについての詳細は私が参考にしたロッテのページをリンクしておきますので、気になる方はご覧ください。

参照元:手づくりレッスン|ガーナ|お口の恋人 ロッテ

チョコだけに甘くみていて、テンパリングしなきゃいけないということを知って私がテンパりました……。そういえば過去に便器でチョコフォンデュした時もチョコを甘くみていて、焦がして煙が出て大惨事になりました。そんな思い出が蘇りました。

www.iseebitarou.com

失敗しても自分で食べるだけだし、温度計もなかったので、だいたいの温度でゆるーく作りました(笑)。で完成したのが下記画像です。

ユニークなチョコレート

型のまわりに付いた余分なチョコレートは取り除き綺麗にした状態です。お菓子作りが上手な方から見たら失敗しているのかもしれませんが、個人的にはちゃんと形になり固まったので成功です。

型からチョコレートを取り出す瞬間と完成したチョコレートの紹介を動画にしました。YouTubeにアップしましたのでご覧いただけると嬉しいです。

完成したチョコレートを画像とテキストでも紹介します。

ユニークなチョコレート

型から取ってひっくり返してみました。いかがでしょうか?こんな感じのチョコレートが、型に流し込むだけで作れます。

ユニークなチョコレート

アップ画像です。目や口の穴の端が欠けてしまっているのはちょっと残念でしたね。それでも個人的には満足できる完成度でした。テンパリングが成功しているともっと綺麗なツルツルの輝きだったのかもしれません。

人間に食べられてしまうことへの恐怖心が顔に出ています(笑)。なんだかチョコレートを食べる行為がすごく残酷に感じてしまうチョコレートです(笑)。チョコレートを口に入れた瞬間に断末魔の叫びが聞こえたりして……あなたが両耳を塞いでしまうかもしれませんよ。

ユニークなチョコレート

お皿に並べてみました。箱の中にいっぱい詰まっていたらやはり怖いかも(笑)。

下駄箱や机の中にチョコレートが入っていないかドキドキするといいますが、このチョコが入っていたら「えっ!?」ってなり、すごく考え込んでしまい単純には喜べなさそうです(笑)。

感想

最後にチョコレートを作った感想を少し書きます。チョコレートを型に流し込むだけでも、細かく刻んだりテンパリングしたりとけっこう手間がかかるんだなぁ〜と驚きでした。手作りチョコレートを貰うことがあったら、その苦労を知っている分めっちゃ感動し喜ぶと思います。義理チョコでも「限りなく本命に近い義理チョコ」だとポジティブに思ってしまいそうです(笑)。誰かください。

型から取り出す瞬間はちゃんとできているかドキドキです。ちゃんとできていた時はけっこう感動するものですね。食べるのが少しもったいないな〜と思いました。

今回はロッテの手作りチョコレートのページを参考にして作りましたが、タレントの土屋太鳳さん、松井愛莉さん、広瀬すずさんが登場していて、女子向けの女の子女の子なキラキラしたページと動画で、なんだかおじさんが参考にしながら作ってしまい申し訳ない気持ちになりましたね……(笑)。土屋太鳳さん、松井愛莉さん、広瀬すずさんには謝罪したいです(笑)。

次回の記事ではモアイ像のチョコレートと他の製氷器で作ったチョコレートを紹介したいと思います。次回につづきます。

【コレクションNo.0272】